今金町学校給食食育推進委員会

  • このページを印刷

    学校給食食育推進委員会について

    近年、子ども達の食生活の乱れに伴う健康等への影響が問題となっており、子ども達に望ましい食習慣等を身に付けさせることが課題となっています。  こうした課題から、本町では「食を大切にできる子」を育むことを目標に、平成19年度に「学校給食食育推進・地産池消プロジェクト委員会」を設置、平成20年度からは「学校給食食育推進委員会」とし、学校給食を通して、地産地消を含めた学校・家庭・地域の連携を深めた総合的な食育を推進しており、各テーマを設定し以下のような取り組みを行っております。

    テーマ1 「地場産物の活用について」

    1 地場産品流通システムの拡大  ~今金食材サプライチーム    今金食材の安定供給を専門的に協議するチームとして学校給食食 育推進委員会内に設置。 ~

    今金産黒毛和牛を使用した給食の提供    
    ピリカまつりで使用した黒毛和牛を安価で提供していただき、給食 にいまかね風ハンバーグとして提供。

     ~ふるさとの恵みとほほえみに感謝する日 地場産品の素材を活かした調理で昼食として提供し、地場産品を食する大切さや喜び、生産者への感謝の気持ちを持ってもらう。 ~

    ふるさと給食の日    「教育週間(11月1日の前後1週間)」に地場産品を活用した給 食の新メニューを提供するもの。

    テーマ2 「各教科における食の指導」
    1 農業体験の実施
       今金小学校5年生の「総合的な学習の時間」を活用して実施。
    2 食事のマナー教室    
       今金中学校を対象とした外部講師によるマナー教室。
    3 栄養教諭による食の指導  
      ・給食の時間等における食の指導の実施。    
      ・授業や給食の時間における食に関する指導。
      ・学校給食を教材とした効果的な食育の推進。
    テーマ3 「普及啓発活動」
    1 食育パンフレットの新入生への配布による各家庭への普及啓発。
    2 食育キャッチフレーズ「うれしいな おいしいたべもの ありがとう」を地元イベント等(図書祭り・文化祭)で活用し普及啓発。
    3 学校給食センター調理員による地場産を使用した親子料理教室。

    【お問い合わせ】
    今金町学校給食食育推進・地産地消プロジェクト委員会事務局
     ○今金町教育委員会事務局
      TEL(0137)82?3488 FAX(0137)82?3445

     ○今金町学校給食センター
      TEL(0137)82?0920
       kyusyoku01@town.imakane.hokkaido.jp

    ※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。