特別支援教育

  • このページを印刷

特別支援教育とは?

「特別支援教育」とは、障がいのある児童・生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援するという視点に立ち、児童・生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善または克服するため、適切な指導や支援を行うものです。

今金町における特別支援教育のフロー図(H29)

今金町における特別支援教育の取り組み経過

今金町の基本理念

一人一人の教育的ニーズに応じた適切な指導と必要な支援が受けられるような特別支援教育の体制整備を図り、障がいのある幼児・児童・生徒が自立と社会参加を目指して、心豊かにたくましく育つ教育を推進していきます。

今金町における特別支援教育の推進について

特別支援教育の相談体制について

各学校、幼児教育施設、保健福祉部局、病院、養護学校など関係機関との連携協力を強化し、特別支援教育に関する課題解決や相談体制の充実を図ります。
そのため、「今金町特別支援教育推進チーム」を設立し相談内容に応じて各委員会や会議組織の機能を複合的かつ機能的に発揮できるように教育委員会がコーディネートする役割を果たします。

特別支援教育の充実について

今金町の特別支援教育の現状について

特別支援教育支援員について

町内の一人一人の児童・生徒が集団の中で学習習慣・生活習慣を確実に身に付けることができるよう、特別な配慮を要する児童・生徒への対応に留意しながら、きめ細かな指導体制を充実するとともに、学校経営の安定化を図るため、小学校及び中学校に特別支援教育支援員を配置する。

  特別支援教育支援員のページはこちらをご覧ください。

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。