今金町の子どもを健やかに育む教育宣言

  • このページを印刷

「今金町の子どもを健やかに育む教育宣言」を宣言しました

 今金町では教育・保育事業の一元化、いわゆる"ワンストップ行政"を進めており、町教委では「今金町の子ども達は今金町民の手で育んでいく」との共通理念のもと、去る5月17日(火)、町内の教育関係者が一堂に会した「平成23年度今金町教育推進会議」の場で、下記のとおり教育宣言を行いました。

 すでに下記の標語を各学校、教育関係施設等でパネル掲示し、普及に努めています。

 なお、周知パネルのデータは下記よりダウンロードできますので、ご活用ください。

【序文】
 今金町は、緑豊かな山々に囲まれ、その中央には清流日本一に輝く後志利別川が雄大に流れており、周りには美しい田園風景が広がる自然豊かなまちです。
そこでは、安全・安心な農産物を育み、活力に満ちた産業の創出と潤いのあるふるさとづくりを築き上げてきました。
 これから希望を胸に、輝く未来に向けた心地よいまちづくりと発展への歩みを続けるためには、次代を担う子どもたちの健やかな成長が不可欠です。
 「今金町の子ども達を今金町民の手で育むために」の理念のもと、明るく安心できる暮らしの中から、自らの生きる力を育める環境づくりを様々な視点で進めていきます。
 子ども・親・地域が共に成長する「共育」の考え方を基本に、子どもたちの成長を我がこととして見守り・育む夢のあるまちの実現を目指し、ここに「今金町の子どもを健やかに育む教育宣言」をいたします。

【標語】

いまかねの子ども達がのびのびと健やかに育つことを応援します。
まちの自然や恵みに感謝し、郷土の歴史・文化を子ども達に伝え、次世代の町民を育みます。
「家庭」「学校」「地域」「行政」がお互いに手をつなぎ、子どもを育てる環境をつくります。
熱意をもって学びたいと思う子どもの心を育み、生涯にわたる学習の機会を提供します。

教育宣言パネル