埋蔵文化財に関する手続き

  • このページを印刷

遺跡内や遺跡周辺で土木・建築工事などを行う場合

(1)町教育委員会への事前照会
土木・建築工事等を計画されている方は、計画予定地が周知の埋蔵文化財包蔵地にかかるかどうかを確認する必要があります。町教育委員会へお問い合わせください。
(2)事前協議書の提出
工事計画予定地が遺跡の範囲に当たる、近接している場合、または事業地の面積が1ha以上となる場合は、事前協議書を教育委員会へ提出する必要があります。協議のあった区域について、必要に応じて教育委員会が所在・試掘調査を行います。
(3)工事の届出
事業者は工事着手予定日の60日前までに、「周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等について」を教育委員会へ提出する必要があります。工事にあたり、事業者に対し教育委員会より適切な指導が行われます。

工事中に遺跡を発見した場合

周知の遺跡範囲外で、工事中に埋蔵文化財を発見した場合は、その現状を変更することなく、速やかに教育委員会に連絡してください。その土地の所有者・占有者は遺跡の発見届を教育委員会へ提出する必要があります。

出土遺物の保管

出土遺物は遺失物として扱われ、地方公共団体が保管し、国民共有の財産として保存・活用が図られることとなります。

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。