「読書と作文のまち」ワーキングチーム・これまでの経過

  • このページを印刷

読書と作文のまちワーキングチームについて

本町においては、児童生徒の学力向上を図るため平成20年度に「確かな学力向上のための検討委員会」を組織し、平成23年度には「今金っ子育成プロジェクトチーム」を設置し、各種の取り組みや先進地視察研修、協議等を経て平成24年度より、具体的な推進を一層図るため「読書と作文のまち」ワーキングチームを設置しました。
このワーキングチームは、児童生徒の学力向上や望ましい学習・生活習慣の定着に重点を置き、創造力や表現力を養い集中して課題に取り組む力を身につけるため「読書と作文のまち」を共通推進テーマとし、「学校・家庭・地域・行政」それぞれの役割を明確にし広く推進するため設置したものです。

これまでの経過

平成19年4月

全国学力学習状況調査43年ぶりの実施

11月

各学校において学校改善プランの作成

平成20年1月

北海道学校改善支援プランが示される

5月 児童の生活習慣〈早寝、早起き、朝ご飯運動〉の定着を目指し、
「子どもの健康を育む総合食育推進事業」(文部科学省委託事業)に取り組み、
今金小学校を実践指定校に指定する。
平成21年2月

今金町確かな学力向上のための検討委員会設置(校長会、教頭会、教育委員会)
4月

教育委員会事務局に指導主事配置
6月

北海道まなび環境づくりプロジェクト事業の採択を受ける。(道教委新規事業)
10月

まなびロードの整備〈通学路に学力向上に関する看板を設置し、児童生徒及び地域への発信〉
平成22年1月 今金町まなび生活習慣改善推進まなびプロジェクト事業「あそびとまなびの
どきどきキャンプ」及び「親学タイム(子どもの生活リズム、学習環境の大切さ」

講師 北海道教育大学札幌校教授 鹿内信善氏

4月

「今金町の子ども達を今金町民の手で育むために」パンフレット作成・配布

8月 今金町まなび生活習慣改善推進プロジェクト事業「あそびとまなびのどきどきキャンプ」
及び「親学タイム(学びを支える家庭の力)」

  講師 北海道教育大学札幌校教授 鹿内信善氏

12月

今金町教育研究会が「家庭学習の手引き」発行

平成23年2月

今金町まなび生活習慣改善推進プロジェクト事業「なかよし通学合宿」

1月

今金町PTA連合会研究大会「家庭学習の支援方法を考える」
  講師 北海道教育大学札幌校教授 鹿内信善氏

5月

今金町学力向上推進委員会「今金っ子育成プロジェクトチーム」設置
 
8月

今金町まなび・生活習慣改善推進プロジェクト事業「ふるさとキラメキキャンプ」 
  会場 複式校 種川小学校

9月

今金町へき地複式合同「南極教室」  会場 北海道教育大学札幌校   

10月

今金っ子育成プロジェクト先進地視察研修 松前町(町教委、小学校、高校)

平成24年
4月26日

平成24年今金町教育推進会議において「読書と作文のまち」 構想全体確認   

7月5日

今金っ子育成プロジェクト「読書と作文のまち」ワーキングチーム設置  

7月18日

 ワーキングチームが北海道教育大学札幌校で研修 
 講師 北海道教育大学札幌校教授 鹿内信善氏

11月13日

今金中学校乗り入れ授業「今中1年生、看図作文授業公開」
  教職員研修「やる気を引き出す看図作文の授業」
  講師 北海道教育大学札幌校教授 鹿内信善氏

平成25年
2月1日

 今金町PTA連合会研究大会「見ることを楽しみ書くことを喜ぶ看図作文の世界」
  講師 北海道教育大学札幌校教授 鹿内信善氏

2月27日‐3月2日

通学合宿&マイケル(今金町国際交流アドバイザー)の国際交流キャンプ