消火器の破裂事故に注意

  • このページを印刷

  安心・安全

    消火器の破裂事故に注意

消火器の破裂事故が発生しています。
消火器には、高圧ガスボンベを使用して、消火粉末や消火液を放射する構造のもの(加圧式消火器)があり、一般的に普及しています。
容器やキャップに腐食やキズがあると、使用時に破裂するおそれがあります。


次のことに注意して下さい。

  • 水がかかる場所、湿気のある場所に設置しない。
  • 直接地面や床に設置しない。
  • 時々点検し、腐食やキズがないか確認する。

一般家庭における消火器の設置・点検義務はありませんが、消火器の一般的な耐用年数は8年となっています(住宅用消火器は5年)。8年以内であっても、腐食やキズ等異常がある場合は、使用を避けてください。古くなった消火器(特に腐食があるもの)等も無理に使用せず、取扱事業者に点検や廃棄処分を依頼しましょう。

また容器内の消火粉末は、長い間放置したり、湿気の多い場所等に設置していると固まる可能性があり、いざ使用する時に消火粉末が出てこないおそれがあります。
定期的に消火器を傾けて、容器内の粉末がサラサラ動いているか、耳を近づけて聞いてみましょう。(予防にもなります。)誤って安全ピンを抜かないように、注意してください。 

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。