町内で感染性胃腸炎が拡がっています!ご注意ください!

  • このページを印刷

128日現在、今金町内の保育所・学校施設を中心に感染性胃腸炎が拡がりつつあります。

感染力が非常に強く、少量のウイルスで集団感染する危険があります。

嘔吐や下痢症状があれば速やかに受診しましょう。

<感染性胃腸炎(ノロウ・ロタウイルス等)について>

・潜伏期間:通常24時間から48時間

・感染経路:感染者の嘔吐・便等の処理時に飛沫を吸い込んだとき

      ウイルスで汚染された場所を触り、手指を介してウイルスが口に入ったとき

・症  状:下痢・嘔吐・腹痛(まれに発熱)が2~3日程度続く

・感染期間:下痢・嘔吐等症状が治まってから48時間を経過するまで、登校(登園ほか)を控える

<感染対策>

・こまめに"衛生的手洗い"をしましょう

 ⇒手についたウイルスや細菌を除去することを目的とした手洗いです。石鹸で30秒以上かけて洗うことを心がけましょう(アルコールによる消毒効果はほとんどありません)

・汚染物の処理時には、"適切な消毒液"を使いましょう

 ⇒汚染物(吐物・便)の処理にはマスク、グローブを着用し、消毒液には次亜塩素酸ナトリウムを使用してください

・ロタウイルスには予防接種(任意)があります

 ⇒予防接種は発症や重症化予防に有効です。初回接種は、生後6~15週未満の乳児が対象です。ワクチンの種類によって、接種回数が異なります。

<資料>

今金町では、資料を作成しましたので、家庭の感染対策にご活用ください。

・感染性胃腸炎の対応について(P4からP8) 

・吐物処理方法(動画)

※動画再生について、機種によっては対応していない場合や再生にあたって通信データ量が多くかかることを、あらかじめご了承ください。

担当

今金町保健福祉課 健康づくりグループ

℡0137-82-2780