決定した事項

  • このページを印刷
認定こども園整備事業

  







主な決定した事項と内容                   平成21年12月3日現在






































事項 内容
今金幼稚園、今金保育所からの町職員を派遣する  平成20年12月19日に締結した「今金町就学前子育て支援施設(今金町認定こども園)開設に関する協定書」第6条に「今金町の支援の基本」として事務手続き及び財政面の全面的な支援及び運営面についての町職員の派遣を視野に入れた支援を基本に具体的な協議をする。と締結していることから、派遣人数や財政(人件費)負担の在り方等について協議を行っていく。
幼稚園及び保育所における特別保育事業

  • 預かり保育について(早朝・午後)

     現状では、幼稚園(短時間利用児)については、9時頃登園し、13時30分までには、降園することになりますが、幼稚園開園前の早朝の時間や終了後に一定の時間保育する預かり保育のを認定こども園で実施します。

  • 延長保育について

     保育所(長時間利用児)については、11時間を超えて保育を行う時間が延長保育となり、認定こども園において、延長保育を実施します。


幼稚園部門の給食提供  幼稚園部門については現在弁当を持参していますが、(仮称)認定こども園いまかね開設後は、保護者の選択性となりますが給食を提供します。

 また、3歳児から5歳児の主食(米・パン)については今金町の子育て支援の一環として町費で提供したい。(安心安全な地場産物の提供と地産地消等を含めた食育推進にもつなげる。)
保育料金

  • 幼稚園部門の保育料(現在の幼稚園保育料は6000円/月)

    入園料:9000円(保育料の1ヶ月分)

    保育料:9000円(月額)

    施設維持費:1000円(月額)

    給食費:155円/食(弁当持参との選択性)

    幼稚園利用料は、保育料+施設維持費=10000円/月額+給食希望者は155円×20食=3100円程度となり、総計では約13100円/月となります。

  • 保育所部門の保育料(これまで同様、軽減を継続)

     保育所部門の保育料については、現行の保育料設定の考え方から変更はありません。既に国の基準から保護者負担を低額に設定しております。国の基準額が変更となるまでの間、継続した保育料基準といたしたい。

    保育料設定基準表(PDFファイル)


建設地と施設平面図

 専門職部会として、3園の職員間での意見交換や設計業者からの提案を受けて、種々協議・検討を重ねた結果下記のとおり園舎・配置計画案、平面図案を作成し、平成21年10月20日に専門職部会長である教育長より町長及び(社福)函館カトリック社会福祉協会羽田野理事長に提案いたしました。



 


施設の屋根の形状の変更について

平成22年度第1回今金町議会定例会において、施設の屋根の形状について、質疑を受け、結果、特別豪雪地帯という地域性や将来の維持管理を考慮し、法人側と再度検討し、変更することを決定する。


  ・変更後立面図イメージ(PDFファイル)