今金町公共施設等総合管理計画

  • このページを印刷

 本町の公共施設の改修や更新は、将来のまちづくりと資産のライフサイクルに基づき、適切な時期に適切な方法で進めていく必要があります。
 しかし、これからの地方自治体は人口減少に伴い、税収減や高齢化の進展による社会保障経費の増加など財政運営への負担増が予想されます。
 そのため、老朽化の進行や更新時期の到来に伴って、今後の整備方針を検討する際には、施設の統廃合や複合化、大規模災害への備えなど、新たな視点での対応が必要とされています。
 そこで、本町ではさまざまな社会情勢を踏まえ、公共施設等の全体像を明らかにし、長期的な視点で計画的な管理を進めるため「今金町公共施設等総合管理計画」を策定しました。

今金町公共施設等総合管理計画(平成29年度~平成38年度)