65歳以上の方の介護保険料の変更について

  • このページを印刷

65歳以上の方の介護保険料が変わります〜

65歳以上の方の介護保険料は、今金町で今後3年間に必要な介護保険の総費用から算出し、3年ごとに見直されます。
今回の見直しは制度改正によるもので、保険料の段階が6段階から9段階へと変わり保険料率も変更となりました。
ただし、保険料の基準額については変更ありません。
みなさんにご負担いただく保険料は、介護保険を運営するための大切な財源です。必要な時に必要なサービスを利用できるよう、保険料の納付にご協力をお願いします。

介護保険料は次のように決まります

今金町で必要な介護サービスの総費用

× 65歳以上の方の負担割合22% ÷ 今金町に住む65歳以上の方の人数

保険料基準額
56,400円(年額)

この基準額をもとに、所得によって分かれます(平成27年度~平成29年度)

所得段階 対象となる方 負担割合 保険料【年額】
第1段階

・生活保護受給者の方
・老齢福祉年金受給者1で世帯全員が町民税非課税の方
・世帯全員が町民税非課税の方で、前年の合計所得金額2と課税年金収入額3の合計が80万円以下の方

基準額 ×0.45 25,380
第2段階 世帯全員が町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超え120万円以下の方 基準額 ×0.625 35,250
第3段階 世帯全員が町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円を超える方 基準額 ×0.75 42,300
第4段階 世帯の誰かに町民税が課税されているが、本人は町民税非課税の方で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方 基準額 ×0.9 50,760
第5段階 世帯の誰かに町民税が課税されているが、本人は町民税非課税の方で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方 基準額 ×1.0 56,400
第6段階 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方 基準額 ×1.2 67,680
第7段階 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方 基準額 ×1.3 73,320
第8段階 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 基準額 ×1.5 84,600
第9段階 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上の方 基準額 ×1.7 95,880

※1 老齢福祉年金・・・・大正5年4月1日までに生まれた方の一部が対象になる年金で、一般的な老齢年金とは異なります。
※2 合計所得金額・・・・収入金額から必要経費相当額を控除した額をいいます。年金収入のみの方は年金収入額から公的年金控除額を引いた額をいいます。
※3 課税年金収入額・・・・老齢退職年金などの収入額をいいます。障害年金や遺族年金は税法上非課税扱いとなり、この収入額には含まれません。

■介護保険料の納め方
「年金からの天引き」または「納付書」での納付となります

特 別 徴 収
年金が年額18万円以上の方は年金から天引きになります
保険料の年額を年金の支払い月の年6回に分けて天引きになります。          
4月 6月 8月 10月 12月 2月
前年の保険料額をもとに納めます 確定した年間保険料から4月と6月の年金から天引きした保険料を差し引いた額を4回に分けて納めます
※65歳になった方、転入した方、所得段階が変更になった方は、年金天引きに切り替わるまで一時的に納付書で納めます。

普 通 徴 収
年金が年額18万円未満の方は納付書で納めます
年間保険料を6期(7月〜12月)に分けて納めます。
納付には簡単・便利な口座振替がおすすめです。
※詳しくは下記へお問い合わせください。


**介護保険についてのお問い合わせ**
総合福祉施設「としべつ」内
保健福祉課福祉グループ(電話82-2780)


※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。