国民健康保険

  • このページを印刷

健康・福祉 国民健康保険

 勤務先の健康保険に加入されている方や生活保護を受けておられる方以外の方は、必ず加入しなければなりません。

 申請後、被保険者証(保険証)はひとり1枚交付されます。ただし、次の場合にも被保険者証が交付されます。

    • 就学のため親元を離れ、学校所在地に住所を移し生活される場合
    • 福祉施設に住所を移し生活される場合

国民健康保険に加入される場合の留意事項

    1. 他の市町村から転入された場合は、転出証明書と印鑑が必要です。
    1. 職場の健康保険を辞められた場合は、職場の健康保険を辞められた「健康保険・厚生年金保険資格等喪失連絡票」 と印鑑が必要です。
    1. 職場の健康保険の扶養家族から外れることになった場合は、被扶養者が抹消された職場の保険証又は「健康保険・ 厚生年金保険資格等喪失連絡票」と印鑑が必要です。
    1. 子供が生まれた場合は、保険証、母子健康手帳、出生届と印鑑が必要です。
    1. 生活保護を受けなくなった場合は、保護廃止決定通知書と印鑑が必要です。
    1. 外国人の方が加入される場合は、外国人登録証明書が必要です。

国民健康保険から他の保険に変わられる場合の留意事項

    1. 他の市町村に転出される場合は、保険証と印鑑が必要です。
    1. 職場の健康保険に加入された場合は、保険証と新しく加入した職場の保険証、印鑑が必要です。
    1. 職場の健康保険の被扶養者になられた場合は、保険証と新しく加入した職場の保険証、印鑑が必要です。
    1. 死亡された場合は、保険証、死亡届と印鑑が必要です。
    1. 生活保護を受けることになられた場合は、保険証と保護決定通知書、印鑑が必要です。
    1. 外国人の方が保険を変わられる場合は、外国人登録証明書と保険証が必要です。

その他、住所変更や世帯主変更等の手続きをされる場合の留意事項

    1. 町内で住所が変わられた場合は、保険証と印鑑が必要です。
    1. 世帯主が変わられたり、氏名などが変わられた場合は、保険証と印鑑が必要です。
    1. 退職者医療制度の対象者になられた場合は、保険証と年金証書(加入月数が記載された証書)、印鑑が必要です。
    1. 就学のため家族と離れて他の市町村で生活される場合は、保険証と在学証明書(合格通知書等)、印鑑が必要です。
    1. 一時的な出稼ぎ等で住所地を離れる場合は、保険証と印鑑が必要です。
    1. 保険証を紛失したり汚れて使えなくなった場合は、本人確認ができる顔写真が付いている公的機関が発行した証明書(運転免許証、パスポート等)と印鑑が必要です。

 【お問い合わせ】

 保健福祉課 健康推進グループ

 総合福祉施設としべつ内

 電話:0137-82-2780

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。