国民健康保険で受けることのできる給付

  • このページを印刷

健康・福祉 国民健康保険で受けることのできる給付

病気やけが、歯の治療などで保険証を提出して診療を受ける場合

 保険証、70歳以上の方は高齢受給者証 ※受診される保険医療機関等の窓口に提示してください。

自己負担割合

    • 0〜義務教育就学前   ・・・2割
    • 義務教育就学後〜69歳 ・・・3割
    • 70歳以上(昭和19年4月2日以降生まれ)・・・2割(一定以上の所得者は3割)
    • 70歳以上(昭和19年4月1日以前生まれ) ・・・1割(一定以上の所得者は3割)

医師が必要と認めたコルセットなどの補装具を購入した場合

 医師の証明書と領収書、保険証、高齢受給者証(70歳以上の方)印鑑、支払いを受ける通帳(郵便局を除く)

関係書類を添えて、申請書を窓口に提出してください。内容を審査し保険診療分の次の割合が払い戻しされます。

    • 0〜義務教育就学前   ・・・2割
    • 義務教育就学後〜69歳 ・・・3割
    • 70歳以上(昭和19年4月2日以降生まれ)・・・2割(一定以上の所得者は3割)
    • 70歳以上(昭和19年4月1日以前生まれ) ・・・1割(一定以上の所得者は3割)

医師が必要と認めたあんま、マッサージ、はり、灸の施術を受けた場合

 医師の同意書と領収書、保険証、高齢受給者証(70歳以上の方)印鑑、支払いを受ける通帳(郵便局を除く)

関係書類を添えて、申請書を窓口に提出してください。内容を審査し保険診療分の次の割合が払い戻しされます。

    • 0〜義務教育就学前   ・・・2割
    • 義務教育就学後〜69歳 ・・・3割
    • 70歳以上(昭和19年4月2日以降生まれ)・・・2割(一定以上の所得者は3割)
    • 70歳以上(昭和19年4月1日以前生まれ) ・・・1割(一定以上の所得者は3割)

移送費(保険者が必要と認めた場合)

 医師の意見書と領収書、保険証、高齢受給者証(70歳以上の方)印鑑、支払いを受ける通帳(郵便局を除く)

関係書類を添えて、申請書を窓口に提出してください。内容を審査し保険診療分の次の割合が払い戻しされます。

    • 0〜義務教育就学前   ・・・2割
    • 義務教育就学後〜69歳 ・・・3割
    • 70歳以上(昭和19年4月2日以降生まれ)・・・2割(一定以上の所得者は3割)
    • 70歳以上(昭和19年4月1日以前生まれ) ・・・1割(一定以上の所得者は3割)

国民健康保険を取り扱う柔道整復師の施術を受ける場合

  保険証、印鑑

  病気やけが、歯の治療などと同じ負担割合で受けられます。

高額療養費の支払いを受ける場合

  領収書、保険証、高齢受給者証(70歳以上の方)、印鑑、支払いを受ける通帳(郵便局を除く)

  支払った医療費が自己負担限度額を超えたとき、その超えた額が払い戻されます。

出産育児一時金の支払いを受ける場合

  保険証、印鑑、支払いを受ける通帳(郵便局を除く)、出生届、医師の証明

  被保険者が出産された場合(妊娠85日以上の死産、流産を含む)、定額が助成されます。

葬祭費の支払いを受ける場合

  保険証、印鑑、支払いを受ける通帳(郵便局を除く)、死亡届

  被保険者が死亡された場合、原則、葬祭執行者へ定額が助成されます。

 【お問い合わせ】

 保健福祉課 健康推進グループ

 総合福祉施設としべつ内

 電話:0137-82-2780

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。