「今金町食育推進計画」が策定されました

  • このページを印刷

〜「今金町食育推進計画」〜

 今金町の町づくりの基本である「第5次今金町総合計画」を基に、計画期間を平成23年〜27年の5年間とした、今金町食育推進計画が策定されました。

 この計画は、今金町の食育推進の方向性を示し、今後の食育推進に関する取り組みを、総合的かつ計画に進めるための計画です。

食育とは

 食育とは様々な経験を通して「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、豊かで健全な食生活を実施することができる人間を育てることです。

今金町の目標

 町民一人ひとりが生涯を通して健康で豊かな食生活を実践し、心身ともに健やかな生活を送ることを目指します。

今金町の食育実践5項目

 町民の皆さんと共に次の5項目について、実践します。

一.味覚を育て、食を楽しみましょう。

一.食べ物の大切さを知り、自然の恵みや人に感謝しましょう。

一.身体(からだ)によい食べ物を選び知識を身につけましょう。

一.基本的な調理技術を身につけましょう。

一.食文化や郷土食への理解を深めましょう。

各分野での取り組み・年齢期ごとの目指す姿

 家庭、学校・保育所・幼稚園、地域での取り組みや保健、教育分野での取り組みを表しています。また年齢期ごとの望ましい状況を目標とし、目指す姿を示しています。

計画を見る

 今金町食育推進計画「PDF」

 今金町食育実践計画「PDF」

【お問い合わせ】

総合福祉施設としべつ内 保健福祉課健康づくりグループ

電話:(0137)82−2780

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。