今金町不妊症治療費等助成事業

  • このページを印刷

平成28年4月1日より今金町不妊症治療費等助成事業を実施しております。

今金町では少子化対策の一環として、妊娠を希望され不妊症と診断された町内在住のご夫婦を対象に、特定及び一般不妊症治療費等の助成を以下のとおり実施します。

申請希望される場合は、お手数ですが担当までお問合せ下さいますようお願い致します。

⇒今金町不妊症治療費等助成事業

【対象者】

・法律上の夫婦であること

・申請日において夫婦ともに今金町に1年以上住民票があること

・医療保険各法による被保険者もしくは被扶養者であること

・税金の滞納がない方

・過去に他の市町村で同様の助成をうけていない方

・妻の年齢が治療開始日に43歳未満であること

・北海道特定不妊治療助成事業を申請した方(特定不妊治療は、北海道の特定不妊治療助成事業があり、対象となる方はそちらが優先されます。詳細は北海道八雲保健所(0137-63-2168)にお問合せ下さい)

【内容】

特定不妊症治療費

一般不妊症治療費

治療

内容

体外受精・顕微授精(卵胞が発育しない等の理由により卵子採取以前に中止した場合を除き、医師の診断に基づき、やむをえず中断の場合含む)

不妊の検査や手術、タイミング法、薬物療法、人工授精など

助成

内容

治療に要した医療費の自己負担額に対して、1回の治療につき15万円まで助成し、1人当たり上限6回を超えないものとする。

但し、北海道特定不妊治療助成事業該当者においては、2回目以降を助成事業とし、1人当たり5回を超えないものとする。

検査及び治療等に要した医療費の自己負担額に対して、1年度あたり10万円を限度として通算5年間助成する。

その他

特定・一般不妊症治療費ともに、文書料、食事療養費標準負担額、個室料等の直接的な治療ではない費用は含まない。

【申請手続】

受診等証明書・領収書等の書類を添えて、申請することが必要です。事業内容や所定申請書類等についてご説明致しますので、担当まで来所かお電話でお問合せ下さいますようお願い致します。

問合せ 

今金町保健福祉課健康づくりグループ

電話0137ー82-2780