ひとり親家庭などの母又は父及び児童の医療費の助成

  • このページを印刷

ひとり親家庭などの母又は父及び児童の医療費の助成

ひとり親家庭などの児童が保険証を使用して診療を受けたとき、母又は父が医療機関へ入院したときは、
医療費の一部が助成されます。
(満18歳までの子どもについては、領収書をお持ちいただくと、一部負担金分をお返しいたします。)
助成を受けるためには、受給者証の交付申請手続きが必要です。

* ひとり親家庭などの母又は父は、「入院」のみ助成対象となります。

<受給者証・医療費の申請に必要なもの>
・母又は父の健康保険証とお子さんの健康保険証
・印鑑
・今金町へ転入された方は、転入前の市区町村の所得・課税証明書
・通帳

<助成方法>
・医療機関等(病院・診療所・歯科・薬局等)を受診の際には、保険証と受給者証を提示して受診して下さい。

詳細は、以下のリンクをクリックしてください。
ひとり親家庭等医療費助成制度概要

* 所得制限等により助成を受けられない場合があります。
(所得制限の該当者のうち、満18歳までの子どもは子ども医療費助成の対象となります。)

区分 自己負担額
  非課税世帯  初診時一部負担金を負担

0歳から18歳

       医科 580円  歯科 510円

(※1)

課  税  世  帯

 かかった医療費の1割を負担
  非課税世帯  初診時一部負担金を負担

19歳から20歳
      医科 580円  歯科 510円
(※2) 課  税  世  帯  かかった医療費の1割を負担


(※1) 18歳までとは、18歳に達した日の属する年度の末日までです。
(※2) 20歳までとは、20歳に達した日の属する月の末日までです。
この年齢の区分では、学生については在学証明書等が申請に必要となります。

お問い合わせ
今金町総合福祉施設「としべつ」
82-2780

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。