予防接種の誤接種について

  • このページを印刷

予防接種の誤接種について

平成26年10月15日、今金町が予防接種を委託している今金町国保病院が、今金町保健センターで、ヒブワクチンの接種予定だった町内在住の生後3カ月児に対し、誤って麻しん風しん混合ワクチンを接種した。

原因は、今金町国保病院が対象者の最終確認をしないまま誤って接種を行ったためです。

なお、10月21日現在、健康被害は確認されていません。

※ 事故の再発防止にむけての本町の今後の対応

今金町では、予防接種業務を委託している今金町国保病院に対し、国が定める「予防接種事故防止マニュアル」に基づき、事故の再発防止の徹底を求めるとともに、今金町国保病院に対して注意を行いました。

また、今回の誤接種を受けて10月16日に緊急会議を開催し、事故の再発防止策や事故後の対応等について協議したところであり、引き続き、チェックリストの活用などを徹底し、安全な予防接種の実施に取り組みます。

お問い合わせ
今金町保健福祉課 (総合福祉施設「としべつ」内)
住所:〒049-4318 瀬棚郡今金町字今金17番地の2
電話番号:0137-82-2780
FAX:0137-82-3867

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。