犬の登録、狂犬病予防注射

  • このページを印刷

暮らし・生活 犬の登録、狂犬病予防注射

■ 犬の登録等

 生後90日を超えた飼い犬は、登録をしなければなりません。新たに犬を飼育するときは登録の手続きをして鑑札の交付を受けてください。

 また、犬が死亡したときや、他の市町村から転入したときなども届出が必要です。

■ 狂犬病予防注射

 生後90日を超えた犬は、狂犬病予防注射を受けなければなりません。

 年に1回は狂犬病予防注射を受けて、注射済票の交付を受けてください。なお、狂犬病予防集団注射の実施については、飼い主の方へ個別に通知をしてお知らせいたします。予防注射は、町と道南農業共済組合今金家畜診療所で集団注射を実施しますが、動物病院でも受けられます。

 手数料は、登録手数料3000円、狂犬病予防注射済票の交付手数料550円、(鑑札の再交付手数料1600円、狂犬病予防注射済票の再交付手数料340円)です。なお、注射時には、別途注射料2560円が必要です。

 【お問い合わせ】

 まちづくり推進課 まちづくり推進課グループ

 電話:0137-82-0111 内線132、133

※「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問合せください。