男女共同参画基本計画の公表について

  • このページを印刷

 少子高齢化の進行に伴う生産年齢人口の減少や家族形態の多様化、地域社会の変化など、
引き続き対応しなければならない課題のほか、多種多様な課題を解決するためには、女性
の力、女性の視点は必要不可欠です。
 平成11年に施行された男女共同参画基本法では、市町村における計画策定は努力義務
ですが、本町では、今後益々必要となる、女性の力、女性の視点を引き出すため、男女
共同参画基本法の基本理念に基づき、「男女がとも協働で進めるまちづくり」を基本
目標に掲げ、わがまちならではの男女共同参画計画を策定しました。
 性別に関わりなく、お互いが支え合い責任を果たすことで、自分の能力を発揮し自分
らしく生きることのできる社会の実現が、男女共同参画社会です。
 今後は、この計画に基づき、男性と女性がそれぞれに自立したひとりの人間として、
真に平等な立場で家庭や地域、職場、学校などのあらゆる場面に参画でき、互いに個性
を認め合い、いきいきと暮らす男女共同参画社会の実現に向けて、町民の皆様との協働の
もとに施策を推進してまいります。


今金町男女共同参画基本計画(PDF)