今金町『ちょっと暮らし』体験希望者募集

  • このページを印刷

今金町で『ちょっと暮らし』してみませんか?

風車の写真

~今金町「ちょっと暮らし」とは~

平成30年度 今金町「ちょっと暮らし」体験希望者募集について 

 平成30年4月~平成31年3月までの受付は、平成30年1月から開始いたします。

本格的な移住や二地域居住を考えている方に、まずは今金町内の体験住宅で仮の今金LIFEを体験してもらい地域の自然や生活環境を確かめ、次のステップを考えて頂くのが『ちょっと暮らし』体験プログラムです。

町内での実生活の中では地域住民の方々との交流、移住や定住に係わるヒントなどをみつける機会にもなります。

今金町では町、団体、地域住民が一体となって滞在施設や滞在プログラムの充実を図り、平成27年度春より本格的にちょっと暮らし体験希望者の受け入れを開始いたしました。

今金町の特色を盛り込んだ様々な体験プログラムをご用意して、皆様の滞在をお待ちしております。

今金町ってどこにあるの?

北緯42度25分、東経140度01分

北海道渡島半島の北部に位置し、南はユーラップ山系を挟んで八雲町と、北は狩場山系を介して島牧村、東は低い山地を経て長万部町と、西はせたな町と接しており、道南地域では珍しく海岸線がありません。

都市からの距離は、札幌市からは約180キロ、函館市からは約120キロであり、道南圏に組み込まれています。

今金町の地図

今金町ってどんな町?

南北にある2つの山系に囲まれた場所にあり、清らかな後志利別川が流れ、北海道らしい美しい田園風景が広がる町です。肥沃な土壌や豊かな自然の恩恵を受け、道南圏随一の「農業のまち」として知られています。

【後志利別川】国土交通省の調査で水質ランキング1位を全国で最も多く獲得している日本一の清流です。清流には10科23種の魚が確認され、天然アユの生息地としても有名です。今金町にとっては「母なる川」です。

【ピリカダム】道南最大の大きさでダムの長さは複合ダムとして日本一を誇ります。階段式の魚道には観察窓があり、ヤマメ、ウグイ、アメマス、アユの姿を見ることができます。

【美しい風景】南北には雄大な山々が、町には広大な田園風景が広がり、四季折々の美しい風景が楽しめます。空気が澄んでいますので、夜は満点の星空の下で、心と身体を癒すことができます。

今金町「ちょっと暮らし」体験

今金町では、2棟のちょっと暮らし住宅をご用意しています。

はじめに 今金町「ちょっと暮らし」体験利用規約をご一読いただき、ご理解されたうえでお申し込みください
募集期間

毎年1月1日~1月31日まで(その年の4月1日~翌年3月31日までの滞在分)

 ※結果は2月中にご連絡いたします。

 ※上記募集期間外については、空き状況に応じて随時受付いたします。

応募方法 申込用紙をホームページよりダウンロードまたは、役場にご請求いただき、必要事項を記入の上、郵送・メール・FAXにてご提出ください。
対象者

今金町への移住や二地域居住などを検討されている方

事業の趣旨に賛同し、アンケート調査や広報取材等にご協力いただける方

滞在期間 1週間以上3か月以内

平成30年度今金町「ちょっと暮らし」体験希望者募集要項 http://www.town.imakane.lg.jp/gyousei/others/ijyuu/post_2040.html

今金町ちょっと暮らしの詳しい情報や今金町内の様子は↓↓こちら↓↓のホームページでもご覧いただけます。

いまCHロゴ

今金町内のローカル情報をFacebookで発信しています。
http://ja-jp.facebook.com/imachannel